JR Kamotsu JR Kamotsu

エネルギー使用量・CO2排出計算シート

ご利用上の注意

  • 輸送区間及び貨物の重量を入力することにより、「エネルギーの使用の合理化に関する法律(以下「省エネ法」と表記)」上の「トンキロ法」に基づく、エネルギー使用量、CO2排出量及び原油換算量を算出します。
  • このホームページでご案内する輸送距離は、省エネ法に基づくエネルギー使用量、CO2排出量計算のための参考数値として表示しています。
  • このホームページでご案内する、「集配区間(トラック)」のエネルギー使用量、CO2排出量等は、鉄道利用の際の参考数値として表示しており、法令・告示に基づく計算結果と一致しない場合があります。算定の前提やその導出過程の詳細については、経済産業省資源エネルギー庁ホームページ(http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/ninushi/index.html「省エネ法(荷主に係る措置)について」)等をご参照下さい。
  • 詳しくは、弊社営業窓口等にお問い合わせください。

※エネルギー使用量・CO2排出量計算ページをご利用いただく場合は、Internet Explorer6 SP1 以上でご覧いただくことを推奨いたします。 (他のブラウザでご覧になった場合、一部コンテンツの表示に不具合が生じることがあります。)

貨物の重量

※参考 JR12ftコンテナ1個当りの積載重量は5tです。

【集貨】
集貨距離

集貨場所から貨物駅までの距離を入力します。

利用トラック

「普通トラック」又は「鉄道コンテナ用トラック」を選択します。「普通トラック」を選択した場合、「最大積載量」及び「積載率」を入力します。「鉄道コンテナ用トラック」を選択した場合、『1個積み(8t)』又は『2個積み以上(15t以上)』のいずれかを選択します。

【鉄道輸送】
発駅

集貨場所から貨物駅までの距離を入力します。

着駅

集貨場所から貨物駅までの距離を入力します。

【配達】
集貨距離
利用トラック

「集貨」の例により入力します。

TOPに戻る