JR Kamotsu JR Kamotsu

企業情報

企業理念

企業目標

価値を運ぶネットワーク

私達は鉄道貨物輸送を基軸として
その未来における新しい役割を認識するとともに
より総合的な物・価値・情報の交流を創造し
お客様の信頼に応え
豊かな社会の実現に貢献します

企業指針

  1. 新しい価値を生み出す物流をめざします
  2. 次代をひらく新しい仕事へ挑戦します
  3. 人間味あふれる企業をつくります

私達の5つの行動

  1. お客様の身になって行動しよう
  2. 意見を言い、意見を聞き、まず自ら実行しよう
  3. 困難な時にも、真正面から取り組もう
  4. 視野を広く持ち、外に眼を向けよう
  5. つねに夢を持とう
会社概要
社名 日本貨物鉄道株式会社(JR貨物)
Japan Freight Railway Company
設立 1987(昭和62)年4月1日
本社

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷五丁目33番8号 サウスゲート新宿


【北海道支社】
北海道札幌市中央区北十一条西十五丁目1番1号

【東北支社】
宮城県仙台市青葉区五橋一丁目1番1号

【関東支社】
東京都品川区東五反田一丁目11番15号 電波ビル5階

【東海支社】
愛知県稲沢市駅前一丁目9番3号

【関西支社】
大阪府大阪市北区芝田二丁目4番24号

【九州支社】
福岡県北九州市小倉北区室町三丁目2番57号

資本金 190億円(38万株)
株主 独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構
代表者 代表取締役社長兼社長執行役員 真貝 康一
社員数 5,406名(平成30年4月1日現在)
事業内容 貨物鉄道事業 倉庫業 駐車場業 広告業
損害保険代理業その他の保険媒介代理業
自動車整備業 一般土木・建築の設計 工事監理及び工事業
その他附帯・関連事業等
経営諸元
平成30年4月1日現在
営業線区 75線区
うち第1種鉄道事業区間 11区間
営業キロ 7,961.8km
うち第1種鉄道事業区間 38.0km
取扱駅 242駅
列車本数(1日) [平成30年3月ダイヤ改正] 426本
列車キロ(1日) [平成30年3月ダイヤ改正] 189千キロ
輸送量 3,164万トン(平成29年度実績)
輸送トンキロ 214億トンキロ(平成29年度実績)
車両 機関車 電気機関車 423両
ディーゼル機関車 151両
貨物電車 42両
貨車 JR コンテナ車 7,383両
その他 65両
私有貨車 1,883両
コンテナ JR 67,369個
私有コンテナ 17,851個
荷役機械 トップリフター フォークリフト
89台 450台
役員
平成30年6月21日現在
代表取締役会長兼会長執行役員 田村 修二
代表取締役社長兼社長執行役員 真貝 康一
取締役相談役 石田 忠正
取締役(非常勤・社外) 樫谷 隆夫
取締役(非常勤・社外) 矢ケ崎 紀子
取締役(非常勤・社外) 中島 好美
取締役兼常務執行役員(リスク統括本部長、経営統括本部副本部長) 玉木 良知
取締役兼常務執行役員(経営統括本部長) 永田 浩一
取締役兼常務執行役員(鉄道ロジスティクス本部長・鉄道ロジスティクス本部営業統括部長) 犬飼 新
取締役兼執行役員(安全推進本部長・経営統括本部副本部長) 鎌田 康
取締役兼執行役員(事業開発本部長) 飯田 聡
常務執行役員(関東支社長) 吉澤 淳
執行役員(関西支社長) 遠藤 雅彦
執行役員(経営統括本部技術企画部長) 野村 康郎
執行役員(九州支社長) 姫野 健士
執行役員(北海道支社長) 柏井 省吾
執行役員(経営統括本部財務部長・経営統括本部副本部長) 花岡 俊樹
監査役(社外) 仙波 春雄
監査役(社外) 宗永 健作
監査役(社外・非常勤) 荒木 幹夫

退職公務員の状況について(特殊法人整理合理化計画(平成13年12月19日閣議決定)に基づき公表)



(平成30年10月1日現在)
玉木良知は、昭和54年4月運輸省採用後、平成19年7月国土交通省気象庁総務部長、平成21年7月国土交通省鉄道局次長、平成22年8月国土交通省九州運輸局長、平成24年8月国土交通省運輸安全委員会審議官、平成24年9月国土交通省運輸安全委員会事務局長、平成25年11月当社顧問、平成26年6月総括執行役員経営統括本部経営企画部長、平成27年6月取締役兼執行役員経営統括本部長、平成29年6月取締役兼常務執行役員リスク統括本部長。

宗永健作は、昭和54年4月大蔵省採用後、平成12年7月主計局主計官(内閣、司法・警察、財務係担当)、平成13年7月財務省大臣官房付兼内閣府地方分権改革推進会議事務局参事官、平成15年7月大臣官房政策金融課長、平成17年7月派遣職員(アジア開発銀行予算人事経営システム局長)、平成20年8月大臣官房政策評価審議官兼大臣官房企画調整主幹、平成21年7月内閣官房内閣審議官(地域活性化総合事務局長代理)、平成23年6月横浜税関長、平成24年10月株式会社三井物産戦略研究所特別研究フェロー、平成27年6月当社監査役。



「特殊会社の役員人事に関する当面の対応方針について」に基づく役員任命手続きについて(平成23年3月3日内閣府)(平成30年6月21日現在)

組織図
JR貨物データ
営業線区
年譜
1987年 4月 日本貨物鉄道株式会社(JR貨物)発足
9月 JRエフツーリスト営業開始
10月 30フィートコンテナ輸送東京~北海道間に登場
1988年 1月 高速コンテナ貨車コキ100形式を開発
3月 津軽海峡線(青函トンネル)開通
4月 本四備讃線(瀬戸大橋)開通
大学生の新卒者を採用
9月 クールコンテナ輸送東京~北海道間で開始
10月 札幌~福岡間直通日本海縦貫ライナー列車運転開始
1989年 2月 新EF66形式直流電気機関車登場
7月 新車扱情報システム使用開始
1991年 4月 会社発足後、初の高卒社員採用
5月 「企業理念」発表
10月 自動車専用輸送用コンテナ「カーパック」関東~九州間で開始
1992年 4月 エフ・プラザ札幌完成
6月 エフ・プラザ東京B棟完成
7月 EF200形式直流電気機関車営業運転開始
11月 エフ・プラザ東京A棟完成
1993年 2月 エフ・プラザ隅田川完成
3月 DF200形式電気式ディーゼル機関車営業運転開始
1994年 1月 貨物情報ネットワークシステム(FRENS)が始動
11月 運転士の養成施設「中央研修センター」開設
1995年 1月 阪神・淡路大震災による輸送障害発生(東海道線住吉駅~六甲道駅間他、1/17~3/31)
3月 カーラックシステム営業開始(名古屋貨物ターミナル駅~新潟貨物ターミナル駅間)
文書類の保管・管理を専門に行うレコードマネジメントサービス事業を開始
5月 エフ・プラザ梅小路完成
7月 名古屋港商業施設「シートレインランド」開業
10月 生活廃棄物輸送の営業開始(梶ヶ谷貨物ターミナル駅~末広町駅間)
1996年 10月 エフ・プラザ梶ヶ谷完成
通信衛星を利用した列車位置検知システム使用開始
1997年 3月 エフ・プラザ東京C棟完成
1998年 1月 ホテルメッツ田端完成
3月 エフ・プラザ東京H・I棟完成
東海道線コンテナ輸送力増強工事完成
12月 エフ・プラザ東京J棟完成
四日市港の可動橋「末広橋梁」重要文化財指定
1999年 5月 新本社ビル完成
6月 エフ・プラザ新座完成
10月 エフ・プラザ東京D棟完成
2000年 3月 LNG(液化天然ガス)鉄道輸送開始(新潟貨物ターミナル駅~金沢貨物ターミナル駅間)
EH500形式交直流電気機関車量産車完成
有珠山火山活動で室蘭線長万部駅~東室蘭駅間が不通(3/29~6/7)
4月 コンテナ貨車・コンテナの番号自動読取システム導入
8月 高松貨物ターミナル駅開業
12月 武蔵野線・京葉線の貨物列車走行対応化事業が完成・営業開始
2001年 12月 EF510形式新型交直流電気機関車完成
2002年 3月 北九州貨物ターミナル駅開業
エフ・プラザ東京G棟開業
2003年 2月 ガーデンエアタワー・アイガーデンテラス竣工
3月 EH200形式直流電気機関車完成
7月 エフ・プラザ東京F棟開業
12月 神戸貨物ターミナル駅開業
2004年 3月 M250系特急コンテナ電車「スーパーレールカーゴ」営業運転開始
鹿児島貨物ターミナル駅開業
2005年 6月 「車両技術研修所」開設
10月 スーパーレールカーゴ「ブルーリボン賞」受賞
「IT-FRENS&TRACEシステム」全面稼動
2006年 3月 鳥栖貨物ターミナル駅開業
スーパーグリーンシャトル列車運転開始
7月 エフ・プラザ東京E棟完成
10月 社歌の制定
11月 トヨタ自動車の部品輸送専用列車の営業運転開始
携帯電話向けインターネットサイトの開設
2007年 3月 山陽線鉄道貨物輸送力増強事業完成
韓国鉄道公社とのRAIL-SEA-RAILサービス営業開始
6月 「貨物鉄道百三十年史」の発刊
7月 制服のリニューアル
「JR貨物による輸送品質改善アクションプラン」を決定
11月 「写真でみる鉄道貨物百三十年」の発刊
エフ・プラザ東京L棟完成
2008年 3月 高知オフレールステーション開業
I-TEMセンター発足
4月 PRANETS(運転支援システム)使用開始
7月 PCB廃棄物の輸送開始
2009年 2月 「安全改革委員会」を設置
四日市港の可動橋「末広橋梁」近代化産業遺産認定
3月 PRANETSによる「列車位置情報」の提供を開始
11月 「鉄道コンテナ輸送50年記念列車出発式」を開催、各支社で記念イベントを開催(10月~11月)
2010年 3月 HD300形式ハイブリッド入換機関車完成
4月 新情報システム「鉄道Webサービス」運用開始
6月 小名木川駅跡地に商業施設「Ario(アリオ)北砂」竣工
2011年 3月 6線区8ヶ所の駅名を改称
鹿児島線鉄道貨物輸送力増強事業完成
東日本大震災による不通(東北線仙台貨物ターミナル駅~盛岡貨物ターミナル駅間 3/11~4/20 他)
東日本大震災支援のため、緊急石油輸送を実施
11月 東日本大震災支援のため、災害廃棄物輸送を開始
2012年 8月 石油輸送列車を活用したメタノール輸送開始(川崎貨物駅~倉賀野駅間)
10月 石巻港駅の鉄道輸送再開
汎用31ftウィングコンテナを初めて製作
11月 HD300形式ハイブリッド機関車「ローレル賞」受賞
EH800形式交流機関車試作車完成
2013年 3月 梅田駅138年の営業終了
隅田川駅鉄道貨物輸送力増強事業竣工
吹田貨物ターミナル駅開業
百済貨物ターミナル駅リニューアル開業
TOP
に戻る