1. ホーム
  2. 検索結果 理系

SEARCH RESULT

検索結果『理系』

物流を生み出す技術力(匠の世界)。

物流を生み出す技術力(匠の世界)。

これまでの安心、安全を守り続ける使命と、今後、物流業界を牽引するための挑戦が求められます。その原動力になってくるのは、創業以来、蓄積してきた「確かな技術力」。技術力を基に、今後も様々なフィールドで当社ならではの価値を提供していきます。

TECHONOLY

数十年後も胸を張れるものづくりを。

数十年後も胸を張れるものづくりを。

ものづくりの魅力に取り憑かれたのは高校時代。二輪の運転免許を取得し、アルバイト代を貯めてバイクを購入したんです。エンジンや足回りといった部品をいじっては、走り、「ちょっと今ひとつかな?」と感じたらまた直す。

MEMBERS

世界初に挑む。世の中をより良くするために。

世界初に挑む。世の中をより良くするために。

就職活動では、ものづくりの世界に行きたいとは考えていましたが、実は鉄道はまったく視野に入っていませんでした。生まれ育った鹿児島県徳之島は離島で、鉄道など走っていませんでしたし(笑)。た。

MEMBERS

プロジェクトを牽引する喜びと、現場で汗を流しながらつかむ喜びと。

プロジェクトを牽引する喜びと、現場で汗を流しながらつかむ喜びと。

学生時代は、津波や洪水などを中心に防災にまつわる研究をしていました。もともと人間の生活を安全で豊かにし、下支えするような分野に関心がありました。就職活動でも社会インフラに関わる仕事がしたいと考えていましたが、鉄道会社は当初、志望度が高いわけではありませんでした。

MEMBERS

小さな変化の積み重ねが、やがて大きな力になる。

小さな変化の積み重ねが、やがて大きな力になる。

JR貨物では主な鉄道施設の保守・工事を、全国各地にある保全技術センター・メンテナンスステーションおよび工事管理事務所・工事支所と、本社にある保全工事部とが連携して推進しています。

MEMBERS

デジタルで鉄道貨物輸送を革新する。そこに私のアイデアが問われる。

デジタルで鉄道貨物輸送を革新する。そこに私のアイデアが問われる。

大学院で情報科学を専攻していた私が、なぜJR貨物を就職先に選んだのか。それは、就活を通して「この会社ならITで面白いことができそうだ」と強く感じたからです。

MEMBERS

舞台は世界。JR貨物の未来を切り拓く。

舞台は世界。JR貨物の未来を切り拓く。

2021年9月、JR貨物にとって初の海外拠点となる駐在員事務所がタイのバンコクに開設されました。私はその初代所長としてバンコクに赴任し、現地で指揮を執っています。

MEMBERS

自ら考え、創っていく。失敗もあるが、仕事の楽しさの醍醐味。

自ら考え、創っていく。失敗もあるが、仕事の楽しさの醍醐味。

やったことのないことをやり、見たことのないものを見る。そんなことの連続である人生がいいと、学生時代の私は思いました。そうして、多様な職種があり、普通の会社員には絶対できない経験までできるJR貨物へ入社。

MEMBERS

「運転士」を究め、その経験をJR貨物の発展につなげたい。

「運転士」を究め、その経験をJR貨物の発展につなげたい。

子供の頃から鉄道が好きでした。学生の頃、たまたま古い機関車が長大な貨車を牽引している光景に遭遇し、その力強い姿に惹きつけられました。

MEMBERS

技術支援から事業化へ。JR貨物の海外展開加速。

技術支援から事業化へ。JR貨物の海外展開加速。

すべてが強烈だった。その国に足を踏み入れた刹那、鼻腔の最深部にまで、味わったことのない刺激が流れ込んできた。2005年11月、深夜。デリー国際空港。西村は、人生で初めてインドの地を踏んだ。

PROJECT STORY

『DD200 形式電気式ディーゼル機関車』開発

『DD200 形式電気式ディーゼル機関車』開発

1966年に誕生し、国鉄時代から非電化区間の貨物列車牽引および駅構内での入換作業の双方を行える機関車として全国各地で活躍してきたのが、DE10形式液体式ディーゼル機関車。長年にわたって、鉄道貨物輸送を支えてきた車両だ。

PROJECT STORY