1. ホーム
  2. 検索結果 現場

SEARCH RESULT

検索結果『現場』

北海道支社

北海道支社

北海道支社から運ぶ荷物は、たまねぎ、じゃがいも、生野菜など農産品が全体の46.5%を占めています。北海道から本州へ輸送されるたまねぎの約70%、じゃがいも、お米などは約40%が鉄道で輸送されるため、皆さんが口にする北海道産の農産品は、私たちがお届けしてると言っても過言ではありません。

PROFESSIONAL

東北支社

東北支社

東北エリアには、製紙工場やビール工場、米どころなどが多く存在し、東北発の貨物輸送が活発に行われています。加えて、東北本線と青森~大阪をつなぐ日本海縦貫線が支社内を走っているため、関東~北海道、関西・九州~北海道の重要な物流ルートを支えています。

PROFESSIONAL

関東支社

関東支社

関東支社は、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県・長野県・新潟県と福島県・山形県の一部を管轄。そのため、社員数や収入、駅数などの数値指標のほとんどが会社全体の約3割を占める非常に大きな組織となっています。

PROFESSIONAL

東海支社

東海支社

東海支社は、熱海駅(静岡県)から米原駅(滋賀県)まで約300kmの距離を管轄しています。 支社内を走る東海道線は、1日当たり約100本の貨物列車が行き交います。また、深夜帯は、約4分間隔で列車が運行される、社内でも最も重要な線区です。私達は、物流の大動脈を支える中心的な支社です。

PROFESSIONAL

関西支社

関西支社

管轄エリアは、全国6支社の中でも最大です。そのため、天候の差が極めて大きいこともしばしばあります。北陸や山陰では大雪だったのに、瀬戸内地域まで走ってくると青空が…なんてこともよくあります。貨物列車が瀬戸大橋を渡って瀬戸内海を一跨ぎ!という光景も、関西支社ならではの魅力です。

PROFESSIONAL

九州支社

九州支社

JR貨物では旧国鉄時代(1971年)から「船より速く、飛行機より安く」をコンセプトとして、国際物流「SEA&RAILサービス」を開始しています。今後グローバル進出をしていくための大事な一歩として、韓国など東アジアとの結節点とした国際貨物の取り扱いをしています。

PROFESSIONAL

多様性の塊。この組織をいかに育てていくか。

多様性の塊。この組織をいかに育てていくか。

就職活動では、「老若男女、すべての人に必要とされる仕事がしたい」と思い、いろいろな会社を見ましたね。印象的だったのは、会社説明会です。多くの企業が立派な会場を貸し切ってきらびやかな説明会を開催していたのですが、JR貨物の説明会は、豪華絢爛とは決して言えない貨物駅構内にある研修所で行われました。

MEMBERS

「運転士」を究め、その経験をJR貨物の発展につなげたい。

「運転士」を究め、その経験をJR貨物の発展につなげたい。

子供の頃から鉄道が好きでした。学生の頃、たまたま古い機関車が長大な貨車を牽引している光景に遭遇し、その力強い姿に惹きつけられました。

MEMBERS