陸海空をつなぐ、物流ベース。
総合物流企業への
フラッグシップ。

東京貨物ターミナル駅・総合物流施設建設

理工学部海洋建築工学科卒
事業開発本部 開発部

伊藤裕介Yusuke Ito

理工学部海洋建築工学科卒
事業開発本部 開発部

PROFILE学生時代は海洋建築について学ぶ。就職活動ではメーカーへ進む道もあったが、「言われたものをつくるより、何をつくるのかから考えられる仕事がしたい」とJR貨物を選択。1990年入社。入社後1年間、石川県金沢駅にて駅業務を経験した後、事業開発本部 開発部へ。以来、JR貨物が持つ不動産資産を活用した不動産関連事業に従事。複合型物流施設、商業施設、オフィスビルなど、大型の開発案件を推進してきた。現在は、事業開発本部 開発部長を担っている。

陸海空をつなぐ結節点に誕生する、国内最大級の総合物流施設。

伊藤裕介_画像01

2015年10月15日。JR貨物は報道陣を集めた記者会見を行った。会見の場で田村修二社長が語ったのは、貨物駅として国内最大規模を誇る東京貨物ターミナル駅構内での、新たな大規模物流施設開発を本格始動させるという知らせだった。
−『当社が総合物流企業として発展するための布石として、国内最大級となる大型物流施設を開設し、物流の効率化、冷蔵冷凍倉庫機能やeコマース市場への対応など、時代のニーズに合わせた物流サービスを提供する新たな物流拠点にするとともに、鉄道事業との相乗効果をより一層生み出してまいります』−
東京貨物ターミナル駅はもともと、首都高湾岸線大井南ICおよび平和島ICから約2km、東京港国際コンテナターミナルからは約3km、羽田空港国際貨物地区からも約4kmと、陸海空の各物流拠点からのアクセスに優れ、全輸送モードの<結節点>となっているターミナル。そこにJR貨物が誕生させるのが、地上6階建て延床面積7.6万平米という『東京レールゲートWEST(2020年3月竣工予定)』だ。隣接する同じく地上5階建て延床面積16.1万平米の『東京レールゲートEAST(2022年8月竣工予定)』と合わせると23.7万平米であり、国内最大規模の総合物流施設になる。JR貨物は、陸海空から運ばれてくる貨物に対し、効率的な相互積替を可能にし、倉庫管理などの物流の付加価値機能も充実させる計画を推進していく。同社にとってまさに、総合物流企業への発展の布石でありフラッグシップとなる施設である。

過去をなぞらない。常に創造的アクションを。

伊藤裕介_画像02

この大規模開発案件を陰で支える一人が、事業開発本部開発部長の伊藤裕介だ。開発案件において事業開発本部では、計画策定からテナント企業との貸付条件の検討・交渉、建設工事の発注、竣工までの管理・マネジメントなど、多岐にわたる業務を担う。伊藤はこれまで、ときに10年以上もかかるような数々の大型案件の推進を担ってきた。隅田川駅構内の荷捌・保管・流通加工・積替など総合的な物流機能を持つ大型複合施設『エフ・プラザ』。旧飯田町貨物駅跡地(現飯田橋駅付近)の北・中央・南の3街区からなるオフィス、商業、ホテル、住宅の機能を備えた複合都市『I-GARDEN AIR』。東京下町の江東区北砂(旧小名木川貨物駅跡地)という立地条件を活かした、面積約12万平米に及ぶ大型商業施設『アリオ北砂』などだ。
「いずれの案件も長期間のプロジェクトばかりで、思い入れがあります。また一つひとつの案件も、異なる性質。倉庫があれば、オフィスビルもあり、商業施設も。過去には社員寮を手がけたこともあります。また、施設を借りていただくテナント企業にも様々な業態があり、考え方も異なります。開発に際してはその一つひとつのニーズに応えていかなければなりませんから、二つと同じ開発はないのです。それが難しさであり、魅力ですね。過去の経験をトレースすればいいという仕事ではなく、常に新しい経験ができ刺激的です」。

これから人類が迎える様々な未来に、対応する。

伊藤裕介_画像03

そんな伊藤たちが手がけている今回の大規模物流施設。その計画の未来を伊藤はこう捉えている。
「今は変化の時代です。あらゆる産業がその構造から変化を重ねていますが、物流も例外ではありません。そしてこの変化は、これから先の未来も続いていくでしょう。だからこそ、今回新たに誕生する物流施設は、多様な変化に対応できる柔軟性が求められると考えています。施設は主にテナントという形で各物流企業にお貸しし活用されることになると思いますが、テナント企業の方々がどのように施設を活用していくかも時代とともに変わっていくはずです。物流システムの進化や、輸送技術の進化など、そうした変化に対応しうる“器”の広い物流施設にしていきたいですね。総延床面積23.7万平米という広大なスペースにどのような計画を描くかが今後、取り組んでいく仕事になりますが、これから訪れる様々な未来に対してどれだけ対応できる場所にしていけるか、我々の一つの腕の見せ所であるだろうと思っています」。
伊藤の言葉は、施設の未来だけでなく、JR貨物の未来も示唆しているように感じる。

JR貨物の「進化論」。

「今現在、この不動産開発事業は好調です。しかし10年後、20年後、30年後も同じように好調かどうかは誰にもわかりません。少なくとも、現状に満足し、過去の成功にあぐらをかいてしまえば、その先に待っているのは衰退です。なぜなら、世の中が求めるものは時代とともに変わっていくからです」。
諸説あるが、かつてイギリスの自然科学者チャールズ・ダーウィンはこう提唱したという。『強いものが生き残るのではない。変化に対応できるものが生き残る』と。それはおそらく、生物学の世界だけでなく、ビジネスの世界にも通じる真理だろう。常に時代は変化し、環境も変化する。人々の暮らしも変化し、ニーズも変化する。長きにわたる成長を果たしている企業ほど、環境の変化に合わせ、ときに半歩先を行きながら自身をも変化させているということは、曲げられない事実なのだ。
「JR貨物は変化を続けていく会社です。本業である鉄道輸送をさらなる強い根幹とする進化を重ねながら、それに付随する新規事業もますます生み出していくのです。それができるだけのアセットもポテンシャルもこの会社は持っていると私は考えます。そして、その中で望みを言うなら、そうした創造的アクションにこれから入社する新しい仲間たちと挑んでいきたいということ。その意味では、いろいろな分野に興味関心を持てる人、未知の経験を楽しめるような人こそが、これからのJR貨物というフィールドを楽しめるのかもしれません。私たちがこれから果たしていく変化。それは、ここで働く一人ひとりが考え、動くことで生まれていく。私はそう思っています」。

伊藤裕介_画像04

伊藤裕介_画像04