鉄道貨物輸送サービスのご案内
仕組みと特長
値段の仕組み
「お問い合わせ」から「利用」まで
コンテナのサイズ・種類
様々な輸送サービス
引越しサービス
LNG輸送
国際物流
静脈物流
31フィートコンテナ
大型コンテナネットワーク
車扱輸送
エリア別サービス案内
サービス向上に向けた取組み
TOP
車扱輸送
地域のライフラインを支える石油輸送
海外より到着した石油の、備蓄基地から国内の内陸地域への輸送に、鉄道は多く利用されています。関東圏では、100〜200kmの距離への石油の供給において、内陸の油槽所の日々の需要変動に応じた数量を、毎日50往復の列車で安定的に大量にお届けし、日常生活を支えています。道路上の運行規制が今後ますます強化されていくと予想されるなか、鉄道の役割が強まっていくことと思われます。
特大貨物も輸送します
JR貨物では大物車「シキ」を使って、大型変圧器などの特大貨物も輸送しています。
旅客用車両輸送
新型車両が次々に登場する旅客鉄道ですが、車両製造メーカーを出て運用線区に納入するまでの輸送に、JR貨物が一役買っています。
新幹線や地下鉄用車両など、軌間が異なる時には、車両を特別の貨車に載せて運びます。