鉄道貨物輸送サービスのご案内
仕組みと特長
値段の仕組み
「お問い合わせ」から「利用」まで
コンテナのサイズ・種類
様々な輸送サービス
エリア別サービス案内
サービス向上に向けた取組み
TOP
仕組みと特長
鉄道コンテナ輸送の仕組み

鉄道コンテナ輸送は、コンテナに積んだ荷物をトラックと協力しながら、輸送経路の最も長い幹線区間を鉄道で大量に運びます。


中・長距離輸送では、効率的なサービスを提供します

鉄道コンテナ輸送は、強力な機関車で、たくさんのコンテナを積載した貨車を牽引するので一度に大量の荷物の輸送が可能です。一本の貨物列車が一度に輸送する貨物の量は、最大で650トンにもなります。


貨物列車は最大650トン(10トントラック65台分)の輸送が可能であり、トラックの走行による燃料消費を削減し、省エネルギーに貢献します。さらに近い将来に予測されるトラックドライバー不足に対応します。
時間に正確、スピーディな輸送サービスを提供します
日本の鉄道は、世界でもトップクラスの正確性をもっています。JR貨物の貨物列車も主要幹線には定時運行に優れた高速コンテナ列車が運行され、24時間体制の運行管理が行われています。これにより、高い定時運行率が確保されお客様のお荷物を、確実に、スピーディにお届けいたします。

鉄道コンテナは片道輸送で、便利さを提供します
JRコンテナは、いつでもどこでも片道のみでの利用が可能です。利用が終わったコンテナは利用運送事業者が最寄の貨物駅に返却いたしますので、無駄なコストがかかりません。また、帰り荷の心配もいりません。

様々な貨物に対応したコンテナにより、最適な輸送方法を提供します
鉄道コンテナ輸送には、貨物の性質や形状、輸送温度、貨物量、荷役作業など様々な条件に応じた、多種多様なコンテナがあります。お客様のニーズに応じたコンテナを選ぶことにより、お客様のビジネスに最適な輸送サービスを実現します。


12フィートコンテナ

31フィートコンテナ

LNG用コンテナ

12フィート冷蔵コンテナ

コンテナについては、「コンテナのサイズ・種類」をご覧ください。
貨物駅でのコンテナ留め置きで、保管コストの削減を実現します
鉄道コンテナは、発着の貨物駅において、一時無料で留置できるサービスがあります。このサービスを利用すれば、お客様の納入計画にあった配達が可能となり、突然の納品日時の変更などにも、倉庫等を手配せずに対応でき、保管費用の削減が可能です。

無料保管の期間は、「値段の仕組み」をご覧ください。
線路上を走行する貨物列車は、交通事故の心配が不要です
貨物列車は線路上を走行するので、安全、安定した輸送を実現しています。道路上を走行すると心配される交通事故などの心配が軽減されますので危険品など安全性が求められる貨物の輸送に最適です。
ページTOPへ戻る▲