トップ > 鉄道貨物輸送サービスのご案内 > サービス向上に向けた取組み > 輸送中の荷物を守るための取組み

鉄道貨物輸送サービスのご案内
仕組みと特長
値段の仕組み
「お問い合わせ」から「利用」まで
コンテナのサイズ・種類
様々な輸送サービス
エリア別サービス案内
サービス向上に向けた取組み
ソリューションチーム
車両の開発について
危機管理への取組みについて
輸送中の荷物を守るための取組み
E&S(着発線荷役)方式の拡充について
IT-FRENS&TRACEシステムの開発について
モーダルシフトに向けたインフラの増強について
TOP
輸送中の荷物を守るための取組み
コンテナ内の荷物にやさしい貨物列車の運転を行っています。
貨物列車は連結作業がとても多くて、荷物に強い衝撃が加わってしまうとお考えではありませんか?
現在の高速コンテナ列車は昔の貨車輸送とは異なり、途中駅での貨車の連結作業はほとんど行わず、発車駅から到着駅まで一編成の貨車が運転されます。このため連結作業が少なく、衝撃の発生が少なくなっています。
輸送開始前の深度う測定を、ご要望により行っています。
お客様の荷物がコンテナの中でどのような環境におかれているのか外からは見ることができません。そのため、試験輸送の際に専用の振動測定装置を用いて、内部の振動、輸送中の衝撃、温度・湿度変化を測定するサービスを行っております。
ご希望の方は、試験輸送をご用命いただく際に、営業担当者にお伝えください。
貨物の形状、材質に対応した梱包をご提案します。
貨物の輸送には、様々な外的要因によって貨物の破損、ダメージ等のリスクが存在します。当社ではこれまでの様々な品目の輸送経験を活かし、ご利用いただくお荷物の形状や材質に合った梱包方法や積み付け方法を、利用運送事業者と共同でご提案しています。

ラッシングベルトで固定

ストレッチフィルム

エアバック