トップ > 鉄道貨物輸送サービスのご案内 > サービス向上に向けた取組み > E&S(着発線荷役)方式の拡充について

鉄道貨物輸送サービスのご案内
仕組みと特長
値段の仕組み
「お問い合わせ」から「利用」まで
コンテナのサイズ・種類
様々な輸送サービス
エリア別サービス案内
サービス向上に向けた取組み
ソリューションチーム
車両の開発について
危機管理への取組みについて
輸送中の荷物を守るための取組み
E&S(着発線荷役)方式の拡充について
IT-FRENS&TRACEシステムの開発について
モーダルシフトに向けたインフラの増強について
TOP
E&S(着発線荷役)方式の拡充
コンテナを本線上の列車から積卸しすることを「E&S方式(着発線荷役)」といいます。これは着発線上に荷役ホームがあり、列車が駅に到着した直後に荷役作業を開始し、そのまま発車できるものです。
現在、この方式の駅は全国に29駅あり、駅構内での複雑な入換作業が要らないため、大幅なリードタイム短縮とコスト削減が図れることから、今後も積極的に採り入れていきます。