トップ > 鉄道貨物輸送サービスのご案内 > コンテナのサイズ・種類 > 各種私有コンテナ及び導入の手続き

鉄道貨物輸送サービスのご案内
仕組みと特長
値段の仕組み
「お問い合わせ」から「利用」まで
コンテナのサイズ・種類
JRコンテナ
各種私有コンテナ及び導入の手続き
様々な輸送サービス
エリア別サービス案内
サービス向上に向けた取組み
TOP
各種私有コンテナ及び導入の手続き
多様な機能を持つ私有コンテナのご案内
鉄道輸送される貨物には、様々な機能が求められます。貨物に合った特殊な機能を持ったコンテナをリースやレンタルすることができます。
また、お客様の貨物の形状や荷役方法などに合わせたコンテナを、オーダーメイドで製作いただくことも可能です。
特殊な機能を持ったコンテナ
 
冷凍コンテナ
コンテナ内部を指定した温度に一定に保つことができるため、厳格な温度管理が必要とされる輸送に適しています。冷凍食品や生鮮野菜、凍結防止を要する貨物に広く利用されています。
 
冷蔵コンテナ
コンテナの内壁に、高性能断熱材を使用しており、高い保冷(保温)性能を備えています。
なお、通風機能付きのコンテナは、通風口を開閉することで、湿度がこもらない通風コンテナとしても使用できます。一回の輸送ごとにレンタルして利用することが可能です。
SUPER UR
コンテナに真空断熱パネルを採用し、従来の冷蔵コンテナよりもさらに高い断熱性能を実現しました。5℃で冷やした荷物の温度を96時間後に10℃以下に保ちます(外気温度30℃でドライアイスを利用した場合)。また、エンジンを利用する冷凍コンテナと異なり、燃料の軽油が不要なため、冷凍コンテナと比較してCO2排出量が60%削減されます。
※“SUPER UR”は日本石油輸送の登録商標です。
31フィートコンテナ
31フィートコンテナに関しては、下記ページにて詳細をご覧いただけます。
>> 31フィートコンテナ
ISOタンクコンテナ   無蓋コンテナ
オーダーメイドのコンテナ製作にあたって
お客様が鉄道輸送に利用するコンテナを製作する場合には、構造等に関して事前に弊社に登録いただく必要があります。具体的な手続きは下記をご覧ください。
コンテナ製作の流れ
お客様よりお近くの営業窓口へお申込いただきます
JR貨物 支社営業がお申込書を送付いたします
JR貨物 本社コンテナ品質管理部・関係部署及び関係支社・支店がお申込を承認いたします
JR貨物 支社営業からお客様へ承認のご案内をいたします
お客様よりコンテナ製造会社様へご発注いただきます
コンテナ製造会社様よりお客様へコンテナが納入されます
運用開始
※1 JR貨物にご登録のない所有者様については、所有者様とJR貨物 コンテナ品質管理部と、「私有コンテナ基本協定書」の締結を行っていただきます。
※2 新造した私有コンテナ登録以外で、既存の私有コンテナの登録事項変更申込みについても同様の手順となります。
ページTOPへ戻る▲