北海道支社

所在地(住所) : 〒060-0011 北海道札幌市中央区北11条西15-1-1
社員数(2017.4.1現在) : 563人
貨物駅 : 22駅
主な荷物:たまねぎ、じゃがいも等野菜類

北海道支社

支社ならではの魅力

北海道の農産品を全国に!

北海道支社から運ぶ荷物は、たまねぎ、じゃがいも、生野菜など農産品が全体の46.5%を占めています。北海道から本州へ輸送されるたまねぎの約70%、じゃがいも、お米などは約40%が鉄道で輸送されるため、皆さんが口にする北海道産の農産品は、私たちがお届けしてると言っても過言ではありません。

雪害に負けるな!

北海道支社として冬の雪害対策は必須であり、雪が付着する車両への対策など日本の流通を滞らせないために、雪害に負けず闘っています。冬期間でも安全・安定輸送を守ることができているのは社員の長年培われた経験と知識によるもので、JR貨物が持つ技術やノウハウが存分に活かされています。

日本初の新幹線との共用走行!

2016年3月26日に北海道新幹線が開業し、新幹線と貨物列車の共用走行が始まりました。貨物列車の安全を守ることで、新幹線の安全を守る。日本初の新幹線共用走行を支え、共用走行区間である青函トンネルを1日40本以上走行している貨物列車の輸送量を確保するという、重要な任務を担っています。

支社採用担当者より一言

働く社員も北海道特有の人柄の良さで、風通しが良い職場です。若い社員も多く、やりたいことが見つかるはず。ぜひ一緒に働いて、これからの北海道経済を支えていきましょう。

北海道支社で働く先輩

小山 修平

小山 修平

Shuhei Koyama

2010年入社
北海道支社 札幌貨物ターミナル駅・輸送指導係

入社動機

高校3年生の時、進路指導の先生から「JR貨物」という会社を教えてもらい、初めてJR貨物の存在を知りました。“JR”というブランドに魅かれたこともありますが、何より、たくさんの人と関わり、仕事を通じて世の中に貢献できる会社だと思い、入社を決めました。

現在の仕事内容

札幌貨物ターミナル駅で、入換業務を担当しています。主に、駅に到着した列車を荷役線まで誘導したり、コンテナを積み終えた貨車を本線まで誘導するという仕事です。また、最も安全で効率的に入換作業ができる計画を組み立てるという仕事もしています。繁忙期のどんなにコンテナ量が多い時期であっても、綿密な計画と工夫を重ねることで円滑な運行を実現していきます。お客様の大切な荷物を時間通りにお届できた時には、社会に貢献できているという実感を得ることができますし、自分にとって一番の仕事の醍醐味だとも感じています。

入社後苦労したこと

列車が少し遅れるだけでも駅業務の作業手順に影響があり、柔軟な対応が求められます。特に、台風や雪の影響で列車が遅れた時には、日頃から培ってきたスキルや経験、そしてチームワークが試されます。駅構内では複数の入換作業が行われており、一人で完結できる仕事ではないため、その日の作業をすべて俯瞰したうえで即座に対策を考え、関係各所と連携し作業をすることが要求されます。特に札幌貨物ターミナル駅は、冬になると線路が埋もれるほど大雪が降るので、冬場は毎日が雪との戦いです。それでも確実な輸送を支えているのですから、この駅は本当にプロフェッショナルの集まりだと思っています。

仕事のやりがい

絶対に事故を起こさないことが、私の信条です。入換業務は、操車・連結・信号担当というチームでの連携業務です。事故を起こさないためには、自分のやるべきことをルールに則って遂行することはもちろん、仲間への目配り、気配りも怠ることはできません。臨機応変な対応が求められる仕事だからこそ、どう判断すべきか迷う場面もありますが、迷った時にこそ、勇気を持って一歩踏み出せるかどうかが肝心だと思っています。私はそこに、仕事のやりがいを感じています。

これからの目標

たくさんの先輩たちから学び、経験と知識を蓄えて、将来は管理者になることを目指したいと思っています。それはJR貨物をもっともっとよい会社にしていきたいからであり、自分を進化・成長させ続けていきたいからでもあります。これから様々な経験を積み、JR貨物を引っ張っていく管理者になる、それが私の目標です。

小山 修平_イメージ01

小山 修平_イメージ02

小山 修平_イメージ03

竹内 由稀

竹内 由稀

Yuki Takeuchi

2016年入社
北海道支社 道央支店・課員

入社動機

学生時代に大学の教授より紹介していただき、その際に初めて「JR貨物」を知りました。日本で唯一の全国規模で鉄道貨物輸送を行っている会社であり、日本の物流を支えるという重要な役割を果たしている会社ということを知り、ここで働き活躍していきたいと思い入社を決めました。

現在の仕事内容

現在は営業支店で主に鉄道利用運送事業者の方と日々やり取りをしています。また、お客様からホームページや電話での見積依頼があった際は対応しています。その他にもJR貨物の認知度を上げるためにイベントを開催したり、鉄道輸送を初めてご利用いただくお客様のもとへ積み込み作業の立会いに行ったりと幅広く仕事をしています。

入社後苦労したこと

今まで接することがなかった「鉄道」の仕事に携わることになり、初めは鉄道用語や専門的なことが全く分からず何をしていいのか、何を言われているのか理解できないことも多くありました。しかし、経験を積んでいけばわかるようになっていきますし、困ったときには周囲がサポートしてくれるので少しずつできることを増やしていくようにしています。

仕事のやりがい

モノの流れが分かることがとても面白いです。「この時期はこの地方からこれだけの物があの地方へ送られていくのか…」と全国の荷物の動きを1年通してみることができます。見た目はどれも同じコンテナですが、中身はひとつひとつ違います。毎日各地へ様々な荷物を運ばせていただいていますが、これからも鉄道輸送を利用していただけるよう努力していきます。

これからの目標

まだまだ覚えることは山ほどあり勉強の毎日ですが、少しずつ知識をつけていき新しいことにチャレンジしていきます。今まで受け継がれてきたことは残しつつも女性ならではの目線で男性ではなかなか気がつかなかったところを発見していき、会社をより良い方向に導いていきたいと考えています。

竹内 由稀_イメージ01

竹内 由稀_イメージ02

竹内 由稀_イメージ03