コンテナ輸送品質向上キャンペーン

JR貨物では、公益社団法人全国通運連盟、公益社団法人鉄道貨物協会との共催により、10月1日から12月31日まで、全国でキャンペーンを実施いたします。

荷役作業競技会の実施

このキャンペーンは一貫輸送商品である鉄道コンテナ輸送を安心してご利用を頂くために、鉄道輸送に携わる関係者が一体となって6年前から毎年実施しているものです。本年も昨年から実施しております全国荷役作業競技会を開催してフォークリフト作業レベルの向上を図っていく他、今年春に鉄道貨物協会で製作された防振装置搭載コンテナを使用しての試験輸送の促進や、リフトオペレーターに対する荷姿理解の促進、また、お客様が気持ちよく使えるようにコンテナ清掃を推進する他、使用済封印環の撤去を全国各駅で実施し、封印環落下による事故防止を行います。



  • 防振装置搭載コンテナを使用した試験輸送の促進

  • リフトオペレーターに対する
    荷姿理解の促進

  • 使用済み封印環の撤去

弊社では計画的なコンテナ新製による老朽取替、貨物駅のコンテナホーム補修の強化も進めています。
ここでは、鉄道コンテナ輸送に使われる養生資材の特徴や、養生による品質改善の事例、鉄道輸送の振動特性の研究成果などを、ご紹介します。

本年度の養生改善事例は、キャンペーン期間終了後に、このページに掲載予定です。